機織る店主の日記


by oriories

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

www.flickr.com
heavenwardi's items Go to heavenwardi's photostream

フォロー中のブログ

届けられたもの

カテゴリ

● お知らせ
● 制作
● スピナッツ
● ひと
● 休み時間
● 店のできごと
● 入荷しました

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 07月
2016年 12月
2016年 03月
2015年 02月
more...

検索

ブログジャンル

クリエイター
ハンドメイド

画像一覧

ライフログ


ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)


いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)


「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!


悪童日記 (Hayakawa Novels)


The Maker's Hand: A Close Look at Textile Structures


Natural Fashion: Tribal Decoration from Africa

その他のジャンル

12月になりましたね

「アドヴェントカレンダー」というものを貰いました。
e0125664_21591447.jpg
12月1日から、クリスマスイブまで、
日にちの書かれた窓を、毎日ひとつずつ開けて行き、
クリスマスまでの一日一日を、より楽しむカレンダーだそう。

さっそく今日「1」のところを開けてみたら、
中には赤いハートチョコが入っていました。(ごちそうさま!)

キリスト教徒でなくても、
一日一日を楽しみ、より大切に思って過ごせそうなカレンダーですね。



この10月と11月は、えまえま展、一花展、そして自分の個展と、
イベントが三つも続き、いつになく濃い日々を過ごしていました。

最後に控えていた個展は、OriOriという店を始めた当初からの、
「いつか実現したいこと」だったので、それが実現して、
多くの皆さんと共に「個展という場」を共有出来たことに、
感謝の気持ちと、何とも言えない達成感を味わっています。

イベントですから普段と違い、一時に多くの出来事が重なって、
キャパが足りない「もどかしさ」も、いっぱい感じましたが、
「今を楽しまなくっちゃー」と、言い聞かせて乗り切りました。

暢気な私でさえも、自分の立ち位置や行き先を、深く考えずにはいられないほど、
いろいろなことがありすぎた2011年も、あと一ヶ月。

考えてみても結局のところ、
自分に縁のある人たちを大切にして、もちろん自分も大切にして、
背伸びせず等身大で(遠慮もせず)、一日一日を大切に、という、
ごくあたりまえのような、むしろ退屈そうなところに、いつも落ち着きます。

そうした毎日を、味わいながら積み重ねることで、
気づけば、いつか、かけがえの無いものを手に入れている?いえ、
その味わっている時が、かけがえのない時なんですよね。

出来れば、このカレンダーのように、
毎日美味しいチョコを味わいながら行きたいものです。
[PR]
by oriories | 2011-12-01 23:27 | ● 休み時間