機織る店主の日記


by oriories

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

www.flickr.com
heavenwardi's items Go to heavenwardi's photostream

フォロー中のブログ

届けられたもの

カテゴリ

● お知らせ
● 制作
● スピナッツ
● ひと
● 休み時間
● 店のできごと
● 入荷しました

記事ランキング

以前の記事

2016年 12月
2016年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
more...

検索

ブログジャンル

クリエイター
ハンドメイド

画像一覧

ライフログ


ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)


いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)


「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!


悪童日記 (Hayakawa Novels)


The Maker's Hand: A Close Look at Textile Structures


Natural Fashion: Tribal Decoration from Africa

その他のジャンル

トルコの羊毛でリリアン?

スピンハウスネタが続きます。

入荷したばかりの、トルコ羊毛バッツ。
ワイルドな質感と、美しいナチュラルカラーにホレボレ。

フェルトもいいけど、これ見たらやっぱり糸にしたい気持ちがムクムクと。
e0125664_0242452.jpg
で、持ち易い大きさにちぎって、そのままセミ梳毛に。
なかなかワイルドな糸になりました。

このワイルドさ、敷物はもちろんだけど、細めに紡いで、
ガシガシ使える大判のブランケット作ってもいいだろうなあ。と、夢想。
ナチュラルカラーも揃ってますしね。

ちょっとやそっとじゃへこたれない、丈夫な布が出来そうです。

今回は、この糸を使って、こんな羊毛(だけ)のラリエットを作ってみました。
両端には、リンカーンのくりくり巻き毛を、大小のボンボンも、ジャコブの紡ぎ糸です。
e0125664_0283855.jpg

ヒモは「Lucet」という、リリアンの前身のような技法を使っています。

こんな道具もあるんですが、
「V字」で、糸がひっかけられる形なら、何でも応用して使えます。

この「Lucet」、先日facebook上で、織りや紡ぎをしている友人たちの間で話題になり、
みんな次々と家の中にある「使えるV字」を発見し、ヒモを作り合って大いに盛り上がりました。
洗濯バサミとか、ペンチとかね。

このヒモは、そんな友達の発見のひとつ、「板杼」を使って編んでいます。
編み方はとても簡単で、慣れるとスイスイ編めて、息抜きにもちょうど良いかも。

かっちり編むと、断面が正方形の、しっかりした美しいヒモになります。

編み方の動画→
[PR]
by oriories | 2012-09-25 01:17 | ● 制作