機織る店主の日記


by oriories

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

www.flickr.com
heavenwardi's items Go to heavenwardi's photostream

フォロー中のブログ

届けられたもの

カテゴリ

● お知らせ
● 制作
● スピナッツ
● ひと
● 休み時間
● 店のできごと
● 入荷しました

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 07月
2016年 12月
2016年 03月
2015年 02月
more...

検索

ブログジャンル

クリエイター
ハンドメイド

画像一覧

ライフログ


ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)


いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)


「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!


悪童日記 (Hayakawa Novels)


The Maker's Hand: A Close Look at Textile Structures


Natural Fashion: Tribal Decoration from Africa

その他のジャンル

小さな旅へ

e0125664_11271589.jpg

「クラフトフェアまつもと」に合わせ、久しぶりの小旅行。


たくさんの人で賑わうフェアよりも、少し早めに松本入りして、

日常の松本も、ゆっくりと回って来ました。


今回の、もうひとつの目的地「松本民芸館」は、

市街地からは少し離れた長閑な風景の中にあります。


建物も、展示品も、
静かだけれども、生きていました。

世代も国境も超えて、脈々と流れる手しごとの空気。

生き生きと美しい空気を、ゆっくりと堪能しました。



一方、

人で溢れ、賑々しい熱気の「クラフトフェア」

こちらはゆっくりした気分で見ることは難しいです。

年に一度のお祭りですもんね、楽しまなくっちゃ!!!


でも、ひとりひとりの作家さんの日常には、

民芸館で感じたのと同じ、

手しごとの空気が確かに流れ込んでいるような気がしました。



民芸館に歩いて向かう道すがら、

田植えが終わったばかりの田んぼと畦の風景。

たくさん撮った写真の中で、気持ちにぴったり来た一枚です。
[PR]
by oriories | 2008-05-28 13:36 | ● 休み時間