機織る店主の日記


by oriories

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

www.flickr.com
heavenwardi's items Go to heavenwardi's photostream

フォロー中のブログ

届けられたもの

カテゴリ

● お知らせ
● 制作
● スピナッツ
● ひと
● 休み時間
● 店のできごと
● 入荷しました

記事ランキング

以前の記事

2016年 12月
2016年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
more...

検索

ブログジャンル

クリエイター
ハンドメイド

画像一覧

ライフログ


ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)


いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)


「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!


悪童日記 (Hayakawa Novels)


The Maker's Hand: A Close Look at Textile Structures


Natural Fashion: Tribal Decoration from Africa

その他のジャンル

10年越しのスッキリ

本家newsでもお伝えしましたが、

このほど、スピンハウスポンタさんより、
羊と紡ぎの情報誌「スピナッツ」最新号が発行されました。
(前号より「一枚のフリースから」という企画に参加させていただいてます)

このスピナッツ、
目にした人ならご存知のとおり、ユニークな本。

内容の濃さ深さ楽しさは言うまでもないのですが、
一目見て印象に残るのは「実物サンプル」

「毛刈りしたままの羊の毛の一房」とか、
「手で紡いだ糸の実物」とか、
「糸屋さんのサンプル糸」とか、今号には「羊のせっけん」も!

印刷されたバーチャルじゃなくて「そのものずばり!」が、
あちこちのページについているのです。

ホッチキスでパチンパチンとめられた実物、
これ以上に強力な説得力があるでしょうか!!

サンプルでふっくらしたその姿、そのものが作品のようでもありキュート。
ページを開ける前からワクワクします。
e0125664_7453979.jpg


発行直前のパチンパチンの作業は「ホッチキスパーティー」

念願叶って先日、初めて参加して来ました。


今日は少ない方よ、とそれでも、15名ほどの様々な年代の男女。
皆さん手に手にホッチキスを持って、いざ、パチンパチンの大作業!

慣れてくるに従って、あちらこちらでお喋りの花も咲き、和やかな空気。
(それでも、みんな片時も手は休んでいません!)

-------------------------------------------------------------------------------

私がスピナッツを初めて見たのは、今から10年以上前、
知り合いの人が「こんな面白い本あるのよ〜」って、見せてくれました。

その頃はまだ、手紡ぎと自分とを結びつけるものは何もなく、
憧れでさえなかった頃。

それでも、その本に付いてたホンモノの羊の毛の印象は、まったく強烈なものでした。

もしかしたら、その時の体験が、無意識下に働いて、
羊に、紡ぎにと、導いてくれたのかも知れません。

だれがどんなふうにこれを付けているんだろう?
という10年以上前の疑問。

まさか自分でその作業が出来る時が来るなんて!
想像もできなかった素敵な展開で、疑問はスッキリ解消されました。

-------------------------------------------------------------------------------

お昼時になると、一段落。
今まで作業していた机は、皆の手でスキッと片付けられ、手料理がずらり。
野菜たっぷりサラダに、羊料理いろいろ、手作りジンジャエールまで!

どれもこれも美味しくて、お腹いっぱい大満足。
e0125664_7455664.jpg


人と人が行き交い、仕事と食事とお喋りと、全てが無理なく混ざり合う空間。

う〜ん理想的。

こんな空間からスピナッツは生まれているんだなあ。
[PR]
by oriories | 2008-09-29 08:09 | ● スピナッツ