機織る店主の日記


by oriories

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

www.flickr.com
heavenwardi's items Go to heavenwardi's photostream

フォロー中のブログ

届けられたもの

カテゴリ

● お知らせ
● 制作
● スピナッツ
● ひと
● 休み時間
● 店のできごと
● 入荷しました

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 07月
2016年 12月
2016年 03月
2015年 02月
more...

検索

ブログジャンル

クリエイター
ハンドメイド

画像一覧

ライフログ


ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)


いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)


「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!


悪童日記 (Hayakawa Novels)


The Maker's Hand: A Close Look at Textile Structures


Natural Fashion: Tribal Decoration from Africa

その他のジャンル

2017年 07月 07日 ( 1 )

次号スピナッツ記事のお題は「アンデスの紐」

こちらのブログ、いつものように久しぶりの更新です。

2017. 9月発行のスピナッツ98号に、
私の連載記事「あそびごころ」の6回目が掲載されます。
お題は「アンデス目玉模様の紐」

アンデスの染織に興味のある人なら、織物の端や、バッグの縁取りで、
そのユニークな紐を目にされたことがあると思います。

目玉みたいな模様が左右に連なる丸紐は、原始機で織って作りますが、
経糸を両手の指を使って捩ったり、あちらの端からこちらの端へくぐらせたり、
経糸の動きがダイナミックすぎて、実際にやってみると、経糸の張り調節が
自由自在な原始機でないと織れない技法だと思いました。

記事中では、織り方を図解で詳しく解説していますので、それと合わせて
捩る時の実際の手の動きを見て頂くと、更に理解が深まると思います。↓
発行までまだ少し間がありますが、先に動画を公開しました。


そして下記の紐は、原始機の星野利枝さんから手ほどきを受けた当時に作ったもの。
この時はまだ完全に理解出来ていなかったので、ところどころ間違ってますね。
ここから4年余の月日を経て、どう展開したか、スピナッツ98号をどうぞお楽しみに。
e0125664_18282607.jpg







[PR]
by oriories | 2017-07-07 19:07 | ● お知らせ