機織る店主の日記


by oriories

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

www.flickr.com
heavenwardi's items Go to heavenwardi's photostream

フォロー中のブログ

届けられたもの

カテゴリ

● お知らせ
● 制作
● スピナッツ
● ひと
● 休み時間
● 店のできごと
● 入荷しました

記事ランキング

以前の記事

2016年 12月
2016年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
more...

検索

ブログジャンル

クリエイター
ハンドメイド

画像一覧

ライフログ


ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)


いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)


「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!


悪童日記 (Hayakawa Novels)


The Maker's Hand: A Close Look at Textile Structures


Natural Fashion: Tribal Decoration from Africa

その他のジャンル

<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夏の京都を歩けば...

午前中から京都へ向かう。

出かける時は、目的地に近いパン屋を探しておいて、
立ち寄るのが楽しみのひとつ。

前々から行きたかったイートインもあるパン屋さん。

お昼はそこで食べることに決めて、出町柳から今出川通りを西へ西へ...歩く。

この通りはパン屋が多いので、リサーチもしながら歩く。歩く。歩く。

そうして、やっと辿り着いて、

はりきって入ろうとしたら何だか様子が...
中が暗くて...ドアも閉まってる!!

........(泣)

定休日をしっかり調べて来なかった私が悪いのねと、
帰ろうとしていたら、中からお店の人が出て来てくれた。

聞けば店鋪は、金・土・日・祝のみの営業だそう。


ひとしきり話をして、「ちょっと待ってて下さいね」と店の奥へ。

しばらく経って出て来たお兄さんの手には、
美味しそうなバゲットの入った袋が!

「レストランの卸用に焼いたパンですが」と、
とっても自然に、さらりと下さった。

その心意気に、この店の人気の理由を見た気がした。


もうすぐ、新しい店舗もオープンするらしい。
京都に行く楽しみがまた増えた。

Le Petit Mec
e0125664_02842.jpg

朝まで待てずに夕食にいただいたバゲットたち。

言うまでもなく絶品!
[PR]
by oriories | 2007-07-26 00:12 | ● 休み時間

宵待草と、赤麻と。

e0125664_2023118.jpg

昨日は朝から晩まで、糸を染める作業をして過ごす。

染めを始めて10年ほど。

良く使う植物は、
この頃では、だいたい家の周りに植えているので、

始めた頃のように、
参考書持参で、染料植物を探しに出かけることも少なくなった。


先月、藍を刈りながら、
となりで勢いよく茂っている宵待草が気になっていたので、

今回はまず「宵待草」

濃い色の糸が欲しかったので、鉄媒染で染めてみる。

こっくりとした赤紫になって、満足満足。


勢いづいて、続けてボーボーに茂ってた「赤麻」も染めてみる。

こちらは焦げ茶になると思いきや、予想外のグレー。


二色も染めたので、作業の区切りがついたのが夜の10時頃。

なのに、不思議と疲れを感じなかったのは、

達成感が疲労に勝ったのかな。
[PR]
by oriories | 2007-07-20 21:13 | ● 制作

オールドキリムの...

e0125664_23223980.jpg

オールドキリムを使ったクッションカバー(40cm ×40cm)

再入荷しました。


トルコ語でー平織りの毛織物ーを意味する「キリムーkilim」


オールドキリムとは、

かつて、西アジアの遊牧の人たちが、

家族のために手織して、

生活の中で大事に使われて来た手織物で、

40年〜100年くらいの月日が経過しているそう!


絨毯や収納袋といった、生活用品としての役目を終え、

クッションカバーになって、やって来ました。


年月を経た渋い色合いと、

使い込まれた柔らかさが魅力的です。


そして本日はもうひとつ、

続きを見る
[PR]
by oriories | 2007-07-17 23:36 | ● 入荷しました

柿渋染コットンチュニック

e0125664_21432597.jpg

万葉樹さんより、
オリジナルウエアが届きました。

柿渋染めのコットンチュニックは、
さらりとした風合いで個性的。

他にもブラウス、ベスト、パンツなど、届いてます。
[PR]
by oriories | 2007-07-16 21:53 | ● 入荷しました

本日も

e0125664_8122035.jpg

e0125664_8123435.jpg

本日も、ひたすら紡ぐ予定。
[PR]
by oriories | 2007-07-14 08:20 | ● 制作

ギャルソンウォレット

e0125664_2083128.jpg

富澤英子さんより
ギャルソンウォレットと、文庫本カバーが届きました。

ギャルソンウォレットというのは、
パリのカフェのギャルソン(ウエイターさん)が
使っている形から来ているらしく、

「ガバ!」と、大きく開くコイン入れが特徴で、
カフェのテーブルでの清算時、
チップやおつりのやり取りを速やかにするためのものらしい。

実際、コインが一目で見渡せるので、
「ろっぴゃくさんじゅうはちえん」とかでも、ささっと出せるし、
貰った おつり も、ぱっと仕舞えてとっても便利。

ナチュラル感のあるレザーは、
使い込むほどに味わいが出て来ます。

3年くらい愛用してる私の財布も、
すっかりいい味になってます。
[PR]
by oriories | 2007-07-13 20:44 | ● 入荷しました

ポロワス

e0125664_2343595.jpg

ここ数日、仕事場は、ずっとこんな風景。

ポロワスという種類の羊の毛。

とても柔らかくて細い毛なので、細く細く紡いでます。

同じ時に手に入れた焦げ茶のポロワスが
いつの間にかずいぶん紡げたので、
ちょっと目先を変えてカラーチェンジ。


今年はシーズンまでにショール作りたいなぁ。
[PR]
by oriories | 2007-07-09 23:23 | ● 制作

長友さんのガラス

e0125664_20183579.jpg

ガラス工房「然」長友俊一さん(宮崎)より、

グラス、ボウル、フラワーベース、風鈴など届きました。


深い青、細かく入った気泡、

海の生物のような、突起のあるかたち。

この人の作品は、いつも「海」を連想してしまう。
[PR]
by oriories | 2007-07-05 20:49 | ● 入荷しました

こころひかれるもの

e0125664_15544366.jpg

実家の近くに生えている大木。

近くを通るたび、
立ち止まって惚れ惚れと見てしまうほど、
この樹にも、それを取り巻く風景にも、
心惹かれるものがあります。

子供の頃、この辺りの原っぱでさんざん遊んでいて、
この樹もいつも見ていたはずなのに、
その頃には存在を全く意識していませんでした。

すっかり大人になった私の中で、
この樹の存在が大きくクローズアップされているのは、

凛として、堂々として、ずっとそこにある、

そんな感じが伝わって来るから、かな。

そんな生き方に憧れているから。
[PR]
by oriories | 2007-07-04 16:34 | ● 休み時間

リネンのパンツ

e0125664_20422680.jpg

オリジナルブランド「SOW」として活動されている
ナラサキシノブさんより、リネンのパンツが届きました。

きなり色と黒の2色。

コーディネートしやすいシンプルなかたちです。
[PR]
by oriories | 2007-07-02 20:47 | ● 入荷しました