機織る店主の日記


by oriories

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

www.flickr.com
heavenwardi's items Go to heavenwardi's photostream

フォロー中のブログ

届けられたもの

カテゴリ

● お知らせ
● 制作
● スピナッツ
● ひと
● 休み時間
● 店のできごと
● 入荷しました

記事ランキング

以前の記事

2016年 12月
2016年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
more...

検索

ブログジャンル

クリエイター
ハンドメイド

画像一覧

ライフログ


ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)


いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)


「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!


悪童日記 (Hayakawa Novels)


The Maker's Hand: A Close Look at Textile Structures


Natural Fashion: Tribal Decoration from Africa

その他のジャンル

<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

小さな旅へ

e0125664_11271589.jpg

「クラフトフェアまつもと」に合わせ、久しぶりの小旅行。


たくさんの人で賑わうフェアよりも、少し早めに松本入りして、

日常の松本も、ゆっくりと回って来ました。


今回の、もうひとつの目的地「松本民芸館」は、

市街地からは少し離れた長閑な風景の中にあります。


建物も、展示品も、
静かだけれども、生きていました。

世代も国境も超えて、脈々と流れる手しごとの空気。

生き生きと美しい空気を、ゆっくりと堪能しました。



一方、

人で溢れ、賑々しい熱気の「クラフトフェア」

こちらはゆっくりした気分で見ることは難しいです。

年に一度のお祭りですもんね、楽しまなくっちゃ!!!


でも、ひとりひとりの作家さんの日常には、

民芸館で感じたのと同じ、

手しごとの空気が確かに流れ込んでいるような気がしました。



民芸館に歩いて向かう道すがら、

田植えが終わったばかりの田んぼと畦の風景。

たくさん撮った写真の中で、気持ちにぴったり来た一枚です。
[PR]
by oriories | 2008-05-28 13:36 | ● 休み時間

小さくないかばん

e0125664_1126151.jpg

今回届いた家次久仁子さんのかばんは、

「かなり小さく」ありません。


麻布に「まる」が刺子された、たっぷりトートバッグ

長めの持ち手はショルダーにも。



家次さんと言えば「かなり小さなかばん」

おそらく数はいちばん作られてるんじゃないでしょうか。


その世界が、そのまま実物大になったようなバッグです。
[PR]
by oriories | 2008-05-26 11:50 | ● 入荷しました

いろいろ納品

e0125664_19451642.jpg

kari富澤英子さんの、レザーと帆布を合わせたバッグは、
リュックにも、トートにもなるスグレモノ。

名付けて「リュット」

なるほどのネーミングです!

たくさんの数を作られないので、
orioriでは、ほぼいつも入荷待ち状態のバッグです。
(遭遇した方はラッキー)

これも注文品ですので、店頭には並びませんごめんなさい。


そしてこれは、
e0125664_19453345.jpg

手織作家、徳永由美さんの、
アクセサリーのような極細ショール。

クシュクシュとした織布が表情たっぷり。

葉っぱのかたちのコースターも一緒に届きました。


イラストレーター、藤本祐子さんからは、
e0125664_19454766.jpg

直筆のエコバッグが数種届きました。

コブタくんの佇まいがタマリマセン!
[PR]
by oriories | 2008-05-17 20:16 | ● 入荷しました

グリーティング

e0125664_22522856.jpg

一花さんより届いた、

風合いのある漉き紙を使い、リボンやビーズなどを合わせた、

表現力あふれる、心楽しいカードたち。


モチーフの野菜や花も、瑞々しく見えて来ます。

家のかたちのカードに付いているのは、
リボンで表現された細くて長いハシゴ。


それぞれのモチーフに合わせた定型サイズの封筒付きです。


そしておまけ。
e0125664_22524588.jpg

日暮れ前に見た不思議な雲です。

こんな雲は、初めて見ました。

まるで、誰かが、

空に大きな筆で力一杯描いたような...
[PR]
by oriories | 2008-05-15 23:23 | ● 入荷しました

中国食堂261

e0125664_23282143.jpg

orioriのすぐ近所(徒歩2分)に、ナチュラルな中国料理のお店が出来ました。

「中国食堂261」


吟味された素材や調味料を使った料理はどれも美味しく、

身体にじわ〜っと染み込むようで、

「滋味のある」と言う言葉がぴったりです。


マクロビアン、ベジタリアンにも対応してくれます。
e0125664_23335248.jpg

に・ろく・いち、は、お店の番地、
大阪市中央区上本町西2-6-1

電話番号も下4桁が「0261」覚え易いですね。
06-6761-0261



土曜日定休

月・火・水 12:00 〜13:30 /17:30〜21:00
  木・金          17:30〜21:00
    日 12:00〜21:00
[PR]
by oriories | 2008-05-13 00:31 | ● 休み時間

とも にぶんのいち

e0125664_20452395.jpg

tomo壱/2(とも にぶんのいち)

吉田 友さんの、和布や麻布を使ったバッグや小物、アクセサリーが届きました。

ストール、ティッシュケース、扇子セット、カードケース、携帯ケースなど。
[PR]
by oriories | 2008-05-10 21:03 | ● 入荷しました

本の取り扱いを始めました

e0125664_2032915.jpg

現代手織協会 編「織る・創る・着る+(プラス)」の、

取り扱いを始めました。(定価¥2,000+税)

* 在庫完売しました。


1994年に発行された「織る・創る・着る」のリニューアル補強編であるこの本、
(手織り布での)服の作り方の本なんですが、普通の洋裁の本ではありません。

既成観念に捕われない服創り、敢えて「創」の字を使いたい。
目からウロコがポロポロ落ちること間違いなしの充実本です!

作り方の懇切丁寧な解説は、イラスト入りでとても判り易く、
たくさんのサンプル写真も展覧会のようで圧巻です。

文章が全て手書き文字なのも、何とも味わい深い一冊。
[PR]
by oriories | 2008-05-04 20:47 | ● 入荷しました