機織る店主の日記


by oriories

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28

www.flickr.com
heavenwardi's items Go to heavenwardi's photostream

フォロー中のブログ

届けられたもの

カテゴリ

● お知らせ
● 制作
● スピナッツ
● ひと
● 休み時間
● 店のできごと
● 入荷しました

記事ランキング

以前の記事

2017年 10月
2017年 07月
2016年 12月
2016年 03月
2015年 02月
more...

検索

ブログジャンル

クリエイター
ハンドメイド

画像一覧

ライフログ


ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)


いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)


「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!


悪童日記 (Hayakawa Novels)


The Maker's Hand: A Close Look at Textile Structures


Natural Fashion: Tribal Decoration from Africa

その他のジャンル

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

羊だらけの部屋で

一月の半ば、
糸車を一階の工房から二階に運び上げました。

リビング的な場所の、暖かいホットカーペットの上に置いて、
朝や夜のちょっとした時間帯に紡ぐようにしています。
e0125664_2148422.jpg
新しいことは、二週間続けると習慣になる、と聞いたことがありますが、

かれこれ一ヶ月半が経ち、今のところ気嫌良く続いてますし、
意識して続けるという感覚ではなく、
一日の始まりと終わりに、糸車が視界にある生活が、
「あたりまえ」のことになってきましたので、
「二階紡ぎ」は、まんまと習慣化したもようです。
[PR]
by oriories | 2011-02-27 22:29 | ● 制作

個展を開催します。

夕刻のキッチンで、ふと目に入ってきた美しい影。
e0125664_21271474.jpg
こちらのブログの更新、最近なかなか出来ていません。

元々あまり書かないところに、更に磨きがかかっていて、
全く自慢になりません。


相変わらず「制作と店の日々」を、淡々と過ごしていますが、
気持ちの上では、今年になってから、明らかに大きな変化を感じています。


それは、OriOriという、この場所で、
「自分の個展を開く」ということに対しての、具体的前向きな気持ちを持てたこと。

2003年の春に店を始めた時から、
いつかこの場所で自分の個展を開こう、と思いつつ8年出来なかったことが、

店や、自分の制作環境や、周りの諸々、それぞれのペースが、
今年になって、ぴたりと足並みが揃い、

「今年ですよ」って、親切に教えてくれてるみたいです。
(そりゃ、やらなきゃね〜)


2002年12月、店を開く直前に「楓ギャラリー」で開催して以来ですから、
今年の個展は、なんと9年ぶり。

そして、ちょうど10回目という、キリの良い回数なのも、密かに嬉しい。


場所は、ここOriOri。

会期は、2011.11/23(水)〜28(月)


羊毛手紡ぎ手織り、ホームスパンの作品も、出来る限り多く、皆さんにお見せ出来るよう、
個展に向けて、現在営々と制作中です。
[PR]
by oriories | 2011-02-24 22:53 | ● お知らせ