機織る店主の日記


by oriories

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

www.flickr.com
heavenwardi's items Go to heavenwardi's photostream

フォロー中のブログ

届けられたもの

カテゴリ

● お知らせ
● 制作
● スピナッツ
● ひと
● 休み時間
● 店のできごと
● 入荷しました

記事ランキング

以前の記事

2016年 12月
2016年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
more...

検索

ブログジャンル

クリエイター
ハンドメイド

画像一覧

ライフログ


ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)


いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)


「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!


悪童日記 (Hayakawa Novels)


The Maker's Hand: A Close Look at Textile Structures


Natural Fashion: Tribal Decoration from Africa

その他のジャンル

<   2011年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

縮絨

午前中から汗だくになって縮絨の作業でした。

いつやっても大変な作業なんですが、
夏の縮絨は、面白いほど大量の汗が出て、もういっそ清々しいです(笑)


一段落して、軒先に干したマフラーから垂れる雫を見ていると、
汗ではなくて、なぜか冬のつららを連想します。
e0125664_1433069.jpg
e0125664_14582998.jpg

[PR]
by oriories | 2011-08-24 14:59 | ● 制作

大活躍!

わ、こっちのブログ、一ヶ月以上更新してませんでした!

このまま更新しないことに慣れてしまいそうなので、この辺りで何か書かないと。。。

という訳で、これ ↓(ちょっと暑苦しいけど、私の現在進行形でもあります)
e0125664_21181420.jpg
この春、大江戸骨董市で見つけた「羊の文鎮」について。

鉄製で、台座には「ニッケ リファインテックス」の文字が入っています。

この日の骨董市は、「羊もの」が、いろいろあって、大興奮!

様々なポーズをとる「ミニチュア羊」とか、
何かの容器のフタだったという「木製の羊」とか、
「羊の毛刈りはさみ」まであって、これはもちろん即買い(笑)

そして、魅力的な羊たちの中でも、とりわけ目を引いたのがこの子。

硬質な金属製、なのに、ほわほわとしたこの佇まいに惹かれて、
思わず買って帰りました。

何に使われていたものか気になったので、調べてみたところ、
洋裁用品の、ファブリックウェイト(布の文鎮)でした。

型紙を置いて布を裁断する時に、ずれないように押さえるためのものですね。

丸いものは知ってましたが、こんな形のものがあったとは!

そしてこれが、こうしてフリンジを作る時の重しとして、ものすごく役立ってくれるんですよ。

今までは、重い本など使ってたんですが、
比べ物にならない程ガシッと布を押さえてくれるので、作業がし易いことし易いこと!

作業中、いつも羊を見てられるというのも、楽しくて なかなか良いです。
[PR]
by oriories | 2011-08-08 22:59 | ● 制作