機織る店主の日記


by oriories

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

www.flickr.com
heavenwardi's items Go to heavenwardi's photostream

フォロー中のブログ

届けられたもの

カテゴリ

● お知らせ
● 制作
● スピナッツ
● ひと
● 休み時間
● 店のできごと
● 入荷しました

記事ランキング

以前の記事

2016年 12月
2016年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 10月
more...

検索

ブログジャンル

クリエイター
ハンドメイド

画像一覧

ライフログ


ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)


いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)


「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!


悪童日記 (Hayakawa Novels)


The Maker's Hand: A Close Look at Textile Structures


Natural Fashion: Tribal Decoration from Africa

その他のジャンル

<   2012年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ユーカリ染め

ユーカリで、ウールに赤が染まるという話を聞いて、
いつか染めてみたいもんだと思ってました。

何年か前に大量にもらったレモンユーカリの葉で染めた時には、
赤を期待していたんですが、ウールもシルクと同じく淡いベージュに染まって、
それはそれで、とても美しい色だったんですが、
「赤」にはほど遠く、というより、どこにも「赤」がなく、
ユーカリなのに何故なのか、ずっと疑問で、
ユーカリの赤は、私の中でひとつの宿題のようになっていました。

その後、スピナッツ76号の、寺村祐子さんの記事に、
ユーカリ染めのことが詳しく紹介されていて、
赤系を染めるのは、シネリアという、丸葉のユーカリだと知りました。
(どおりで葉が細長いレモンユーカリじゃ赤が染まらなかったはず)

そのサンプルのユーカリ染めウール糸の発色が、うっとりするほど鮮やかな赤系で、
すぐにも染めてみたいと思う、好みの色だったんですよ!

でも、ユーカリの木など、近所でも見かけたことがなく、
それなら植えて育て(てもらうんだけどね、母に)ましょう、ということで、
あちこち回って、丸葉のユーカリの小さな苗を見つけ、
実家の畑の隅っこに、ちょこんと地植えしたのは2年半も前のこと。

いつの間にか幹も逞しくなって、葉もいっぱい繁って、
見上げるほどに成長してくれているので、

今回の帰省で、そのユーカリの葉を初めて使って染めてみました。
e0125664_19302337.jpg

ウールの綛と一緒に、シルクとの発色の違いを見るために、
シルクとウールで織られたショールも一枚。

ユーカリの葉のどこに、この色が潜んでいたのかと思う、鮮やかな朱色は、
やはりウールだけの発色で、シルク部分は落ち着いた色調。
ショールの色にコントラストが付いて、思わぬ効果です。

染液を煮出している間中、ユーカリのいい香りが辺りに立ちこめていました。
[PR]
by oriories | 2012-10-21 19:50 | ● 制作