機織る店主の日記


by oriories

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

www.flickr.com
heavenwardi's items Go to heavenwardi's photostream

フォロー中のブログ

届けられたもの

カテゴリ

● お知らせ
● 制作
● スピナッツ
● ひと
● 休み時間
● 店のできごと
● 入荷しました

記事ランキング

以前の記事

2017年 07月
2016年 12月
2016年 03月
2015年 02月
2015年 01月
more...

検索

ブログジャンル

クリエイター
ハンドメイド

画像一覧

ライフログ


ほんとうの「食の安全」を考える―ゼロリスクという幻想(DOJIN選書28)


いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話 (単行本)


「ニセ医学」に騙されないために 危険な反医療論や治療法、健康法から身を守る!


悪童日記 (Hayakawa Novels)


The Maker's Hand: A Close Look at Textile Structures


Natural Fashion: Tribal Decoration from Africa

その他のジャンル

<   2013年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

JAPAN TEXTILE 手織りと紡ぎのある風景

マリア書房さんの新刊に、OriOriの工房が掲載されています。

「JAPAN TEXTILE 手織りと紡ぎのある風景」
e0125664_131259100.jpg
A5 定型判 144ページ(オールカラー)定価 2,200円(税別)

全国主要書店にて7月より発売開始
マリア書房さんのオンラインショップからも購入出来ます。

帯のコピーに「手織りと紡ぎにまつわる21の日常」とあるように、
全国北から南まで、21箇所の工房や教室が紹介されていますが、
作品や人を紹介するのではなくて、
織機や紡ぎ車が日常的に使われている「場」にフォーカスした
ちょっとユニークな切り口の本。

工房や教室の内部、使い込まれた道具類、
織っているところ、紡いでいるところ、

ロケーションも、規模も、コンセプトも様々な「場」で、
織や紡ぎが元気に息づいていることがダイレクトに伝わる写真中心の構成は、
インテリアブック集としても使えるように編集されているそうです。

どこかで見かけたら、ご覧になって下さいね。
[PR]
by oriories | 2013-07-24 14:18 | ● お知らせ

京都で開催中の二つの展示

京都で開催中の二つの展覧会に行って来ました。

「小宇宙からのつぶやき」whisper in a microcosmos
日本の近代アートメダルの歩みと国際メダル展
e0125664_2212657.jpg


と、
彦根愛さんの個展 ー昆虫図鑑ー
e0125664_2214264.jpg


地図を眺めていて驚いたんですが、この二つのギャラリーは、
同じ通りで、歩いてほんの2、3分のところという、びっくりするほどご近所同士!
しかも、ほぼ同じ時期に開催されているという。。。

どちらも絶対に行きたい展示だったので、
このちょっとした偶然がとても嬉しく、更にテンションが上がりました。

まずは、彦根愛さんの展示を観にギャラリーC.A.J.へ。
(C.A.J.=Contemporary Art Jewelry)

アゲハ蝶やナナフシ、カマキリなど、彦根さんのジャガード織の昆虫たちが、
ギャラリーの壁面にずらっと並んでいる様は、まるで昆虫標本を見ているよう。
実際に虫ピンで留められています。

どの昆虫もとてもリアルで、蝶なんて今にも飛び立ちそうですが、
これらは皆ブローチ、ジュエリーなんですよ。
(ピンが付いていない昆虫も、希望があればブローチに出来るそうです)

どれも魅力的で迷いに迷った末、
この、瑠璃色のアゲハチョウ(ブローチ)をひとつ連れ帰りました。
家の壁にディスプレイしたところ。
e0125664_2140426.jpg
(う。名前失念。ルリアゲハ。。だったっけ?)

そして次に向かったギャラリーH2Oのアートメダル展は、
N.Y.マンハッタンでMedialia Galleryを営まれていて、
ご自身もアーチストでありキュレーターでもある満志子さん企画の展示です。

アートメダルって、日本では一般に馴染みが少ない分野かも知れないけど、
世界中から集まった手のひらサイズのアート作品がずらりと並ぶ空間は、骨太で、
構成にも趣向が凝らされていて、見応えたっぷり。
満志子さん自身の作品もたくさん展示されています。
e0125664_2149894.jpg

満志子さんは私の憧れの人。相変わらずかっこよくて、
お目にかかるのは数年ぶりだったので、積もる話に花が咲きました。
e0125664_22144272.jpg


彦根愛さんの展示とアートメダルの展示、
どちらも小さく凝縮された密度の濃い作品が並びます。
好きな層が被ってる気がしますので、
行かれるかたは、合わせてご覧になることをお勧めします。
[PR]
by oriories | 2013-07-04 22:39 | ● 休み時間